介護の仕事のどこが一体面白いというか?

介護を仕事にする事の、いったいどこがおもしろいのか?

先日の介護の勉強会で、参加くださった介護者家族の方がこういった。

「介護者家族にしてみれば、介護することがおもしろいだなんて、

とても言えない…介護(の仕事?)がおもしろいという真意がわからない」

確か、そんな意見だったように思う。

介護の仕事が、面白くて仕方がない。

あの日、そう言った、言いだしっぺは自分だったように思う。

この仕事がおもしろいと思う人は?という進行役の質問に、手を挙げたのは数人….

自分はいったい、この仕事のどこにそれほど惚れ込んだのだろうか?

考えてみた。

自分には、友達があまりいないと思っていた。

人と群れたり、人に合わせることが得意ではないからかなぁ?

それを、淋しいと思うことがあるのも事実だ。

この人に相談してみたい。

この人の意見を聞いてみたい。

この人だったら、どう考えるんだろう?

この人だったら、こんな時、どう生きてきたんだろう?

そう思い出せる人がほしいと、いつもいつも感じてきた。

人付き合いがあまり得意ではない自分は、そんな人との出会いに

(まだ)恵まれてこなかった。

何とか食いつなぎ、給料を払い続けるために、

しがみついた介護という仕事で、

気が付いたら、「そんな人」に出会っていた。

それも、一人や二人じゃない。

そんな人たちが、束になってやってきた!

それは、皺くちゃになって、おしっこを漏らしながら、悪たれもつき

さっきしゃべったことを忘れ、自己嫌悪するさみしがり屋たちだった。

自分の想像もつかないような年月を、踏ん張って踏ん張って生き抜いてきた人たちだった。

あと、何年、何日、この世に存在するのか予測もつかない人たちだった。

そんな人たちの中に宝を見つけた。

その人たちの声に耳を澄ませ、同じ空を見上げた時、

自分の心が満ちてゆくのを感じた。

立派な事を言ってくれるわけでもなく、

正解を語ってくれるわけでもない。

それでも、こうやって、淡々と生き抜いてみればいいんだと

気づかせてくれる人たち。

どんな事が起きても、恐れることはないんだと

感じさせてくれる存在。

弱くて、強くて、醜くて、美しい人たち。

親友だと、感じる。

片思いの、親友。

そんな人たちが黙ってあちらからやってくるこの仕事に

惚れない人のほうが、不思議。

それが、私の理由。

この仕事が「面白い!」という私の理由。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)