児童ディサービスでのアロマ講座

沖縄県の児童デイサービスにて

保護者の皆様に、アロマクラスをさせて戴きました。

皆さん、沢山の苦労をされながら、子育てされてます。

夜、なかなか、オフの切り替えがつかずに、眠りに入れない我が子

障害を持たれたお子さんの兄弟の

僕だって観てほしいという寂しさ

いつ、子供の感情スイッチが、切り替わってしまうのかわからない、落ち着かない日常

それに対して、わかってるのに

いっぱいいいっぱいになってしまって

受けとめてあげることのできない、母としての自分

まずは自分のケアからだなぁと、話を聞いていて思いました

と、お母さんたち

沖縄という地域の、特性の話も出ました

こんなに増えている特性を持つ子どもたち

それは、新しい時代の子どもたちなのかもしれない

それとも、いろいろなものを体の中に溜め込んできた

結果なのかもしれない…

これほどまでに苦しんで頑張っている家族が居る現実と

その理由は特定できないけれど

それでも、子どもたちの心を

傷ついたままで大人にすることは

できない。

経営される言語聴覚士の方が

かなりの専門性を持ち、愛を持って関わっていらっしゃる様子が

手に取るように感じられました。

一滴の植物のエネルギーが

母の手を通して、我が子の心に届きますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)