アロマトリートメントで具合が悪くなる?

「アロマセラピーの施術をして、具合が悪くなってしまう事って有りますか?」

と、問われて「もちろん、ありますよ」そう即答すると

電話の向こうでびっくりされる様子に、こっちがビックリしてしまったことがありました。

そうか、しまった!当たり前の事だと思って、あえて言葉にしてこなかったけれど、

きちんと伝えなければならなかった事だったのだと反省しました。

あまりにも、誰もが手軽にエッセンシャルオイルを扱い

アロマトリートメントを簡単に行える時代がやってきました。

だからこそ、なおさら、基本的なことを知らないと

困ったことに遭遇した時に、自分ごととして受け止められずに

誰かのせい、何かのせいにしてしまうのですよね。

私は、基本、アロマテラピーを行うときは靴は履かない

指輪やネックレス、装飾品もできる限り外します。

人に触れる前、触れた後は流水で手を洗います。

お一人ずつのアロマトリートメントを終えたら、

毎回、窓を開けます。

これって、でも、感染症対策のためではないです。

人の素肌に素手で触れる仕事

自分とクライアント(受けて)とエッセンシャルオイルのエネルギーを使います。

もし、そこでそのエネルギーが滞ってしまったら、滞らせてしまったら

かなり疲れます。全く全てを押し流すことは難しいと思っています。

でも、いいのです。おきていることは全部良いのですから。

それでも、お疲れちゃんは重いので、空っぽな導管に出来るだけ徹します。

自分が自分軸を保てていないと、揺れます。

何屋でもそうです。揺れてもいいのです。

でも、あんまり揺れない方が、楽です。よね。

ご自身のお仕事に、本格的アロマテラピーをちょこっとプラスしてみたい方
初めてのアロマテラピー入門にチャレンジしてみたい方
気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)