「命のアロマ」出版に向けて 三好春樹って何者?

「命のアロマ」出版に向けて

本日、またまた、打ち合わせ。

今回は、三好春樹さんの寄稿文の紹介が弱いと。

介護業界の人間にとって、三好春樹とは。何者なのかと聞かれた。

「介護界の郷ひろみです。

郷ひろみを郷ひろみさんとも、
郷ひろみ先生ともよばないでしょ?

私にとっては、三好春樹は三好春樹という、絶対的な存在なんですよ…」

関連:介護専門誌 BriGolage(ブリコラージュ)に記事を掲載していただきました。

 

と言っても、介護業界を知らないライターさんや出版社の方々にはピンと来ないようなので、

某、小林サトシに電話して聞いてみた。

三好春樹とは、あなたにとって、何者?

「郷ひろみじゃ、わからないと思いますよ…。

つまり、三好春樹の後には、もう絶対彼を超える人は現れないってこと、それくらい凄いってコト…」

ほほぅ〜と、関心する出版社さんたち。

それを、聞いて私の鼻が高くなった。

こうやって本って出来て行くんだと

いや、いや、学ぶ事ばかりです。

「出版は、バクチと一緒じゃないですか?」って、社長さん。

「えー、バクチなんですかぁ?」

「そうですよ、いくらいい本だと思っても、それが売れるかどうかは、わからない。

だから、どの本を出すのか、初版で何千部刷るのか、結局はバクチなんですよ!」

って、皆さん知ってました?

命のアロマは、初版で五千部だそうです。

それが、多いのか少ないのかはわかりませんが…

「仕事はね、フィーリングなんですよ、
相手と自分のフィーリングが会うかどうかで、もう、分かるんですよ。」

って、勉強になりますねぇ、某社のシャチョウノコトバワ

メモメモ(。・・。)

「カンジさんの言うことは間違いないから、
彼のカンには、絶大な信頼を置いているから…」

社長のその言葉を聴きながら、ピンときてしまった…

もしかして、カンジさんは、病と引き換えに、
神様から、すごいものを受け取ってしまってのかもしれないと…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)