アルツハイマーとアリセプトと父

自分が介護職になる少し前の事、

アルツハイマーという診断名を受けた父に処方されたのは「アリセプト」だった。

しっかり者の父は、アリセプトを飲むようになって、初めてオシッコの失敗をした。

その時の父の悲しそうな顔…

「父ちゃん、やめよう。もう、こんな薬飲まなくていいよ…」

そう言って、捨てた薬。

薬がとても良く効いていると喜ぶ、優しいドクターの手前、その薬は飲ませていませんとは、最後まで言えなかったなぁ…

介護の仕事について、この薬に苦しむ年寄りたちをたくさん見てきた。

「このお薬はお母さんを苦しませているのではありませんか?」

皆とディサービスで共に過ごすことの出来ない方の娘さんにそうささやき、専門医が書いた本を紹介した。

母を思う娘さんは、早速、その本を買って読んで、主治医に相談した。

思い返せば、介護現場に居た時代、そんなことが沢山あって、私は介護職にはふさわしくない、不適合者だった。

ドクターの指示に黙って従い、薬の服用を促せない自分は、介護保険の現場に居てはいけない人間だったのだ。

あなたは、私で、あなたの親は、私達の親だった。

仕事って、なんだろう?

日常生活にアロマを取り入れて心と身体の健康を維持する。

そんなご希望のある方は、ご相談ください。

関連:アロマ姉さんの「アロマ会員」とは

Comments

comments







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)