1滴七円なのに超高齢化社会を助けるオイル!

芳香を楽しむにせよ、塗布するにせよ、摂取するにせよ、どのオイルから始めたら良いのだろうと思われるかもしれません。

まずは様々な用途で使えるシンプルなオイルから使い始めて、オイルの香りや働き、特性、使い方になれることをお勧めしています。初めてオイルを使う方には、以下のオイルをお勧めします。

【レモン・Citrus limon】
特に人気のあるオイルの一つです。最初の1本として、前向きな気持になれて幅広い用途に使えるオイルをお探しの方に最適です。

《食》
・お水やジュース、アルコールにも入れて飲んでいます。さらに美味しい飲み物になり、後味もすっきり爽やかです。また、揚げ物にかけたり、ドレッシングに入れたりすると、更に美味しく食べることができます。(食品添加物としての認可を受けている精油に限ります)

《香》
デフューザーで焚いて、空気をクリアにしたり、油汚れやシール跡のお掃除に最適です。

《介護》
ココナッツオイルで薄めてラベンダー+レモンで利用者さんの足マッサージに好評です。口腔ケアにコップの水に1滴加えて、うがいをしたり、看取り時や寝たきりの方には、口腔ケアの綿棒に含ませてお口のケアをすると、お口が美味しい香りでさっぱりします。多くの人が出入りする施設のディフューズや加湿器に垂らしたり、トイレや洗面所の掃除、テーブルふきや、手の清潔を保つ助けに、スプレーに入れてシュッと一吹き。手荒れもなく、香りもよく、いいことずくめの上に、価格の安さに、介護現場には欠かせない1本です。(15ml・1,600円・1滴約6.4円の価格にノックアウトされます)

【ラベンダー・Lavandula angustifolia】

気持ちの落ち着く心地よい香りで有るだけでなく、毎日の生活にとても役立ちます。
《塗》お肌に直接塗ることが出来るので、乳液に加えたり、ココナッツオイルに加えてマッサージしたり、入浴剤としてお風呂に3滴いれると、幸せ感満載になります♪

《香》ディフューズのブレンドの1本には、必ずラベンダーを選んでしまうという、どの精油とも相性が良いので、安心感があります。ティッシュに1滴垂らして枕元に置いたり。

《介護》お年寄りの肌は薄くて敏感です。ココナッツで薄めて入浴後のケアオイルとして使うと、内外から体を守ってくれる、高齢者に心強い味方となります。何があっても、少しのことならラベンダーちょこっと塗りでほぼ解決します。昼と夜の体内リズムを安定させてくれる大きな助けになってくれるので、夜勤者さんの心強い味方にもなってくれます。夜勤明けの心身ともに疲労感の残る介護士さんも、ラベンダーで私時間を取り戻す助けになってくれます。(15ml・3,400円・1滴約14円で、夜勤者の強い味方に)

【ペパーミント・Mentha piperita】

冷感成分のメントールの香りが、眠気を覚まし意識をはっきりとさせる手伝いをしてくれます。

《塗》首筋、肩、腰、足、こめかみなどにつけてクールダウン。

《香》ディフューズでお部屋の中がスッキリ爽やか。車の中にはティッシュに1滴たらして気分転換に。

《介護》昼と夜のメリハリをつけるために、日中のディフューズとして、オレンジ等とブレンドして焚くと、ウトウトすることが減ります。食事前は首筋に塗って、唾液の分泌を助け、意識をはっきりさせ、誤嚥予防に役立ちます。お掃除やテーブルふきに、スプレーに入れて一吹きすると爽やかな香りに満たされ、消毒薬の匂いのしない施設に。介護職も、夜勤時に、意識をクリアに保つ事ができ、助けられます。(15ml・3,200円・1滴約13円なので消毒薬よりも安価に利用できます。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)