ドテラの凄さを知って、介護の楽しさ再発見!

でもね、それってねずみ講でしょ

コイケさん、アタマがおかしくなったの?

多くの介護職たちにそう思われて、

そっぽを向かれてきた日々。

関連:ネットワークビジネスに対して思うこと

ところがね、
アタマがおかしいと言われた私を信じて、
使ってみようじゃないかと
いい出してくれた
介護事業経営者の若者たちから、
こんなLINEが続々と届き出した!

今日も、徘徊はいかいのすごいおばあちゃん、
アロマタッチをやって、
やっぱりお家へ帰りたいはあるのですが、
寂しさや不安が、
怒りや恨みの感情に
変わっているのだという事に気づいた。

参考:アロマタッチ認定講座

関連:アロマタッチとは

 

あの、怒りや恨み、被害妄想は
周りの人への不信感。

人を信じられない悲しさ…

徘徊してもいい、
おうちに帰りたいと言ってもいい。

それが問題な訳じゃない。

人を信じられない不安感、
喪失感が無くなって、
ここでは何を言っても
やってもいいんだという
安心感の中で
徘徊してほしい。

と、思いました。

私は、ドテラのすごさを知って
介護の面白さ・楽しさを
また再発見したのが、嬉しい。

だって、もし小池さんフェイスブックで読んでなかったら、
ドテラ知りたいと思わなかったら、
来てほしいとおもわなかったら。

こんな気持ちにはならなかった。

関連:アロマ姉さんに、来てほしい

関連:【事業者の方へ】アロマテラピーを導入してみませんか?

 

「やっぱり今日嬉しかったのは
そのおばあさんと帰り話をしながら

ふふふ

と含み笑いをしながら帰ったこと。

いつも笑顔って不自然。

と私は思うんです。

ふふふふって

なんか

日常的で親密で
いい感じ。

ありがとうございます」

(アンドロイド・オギノ)

Comments

comments







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)