何の為にこの仕事をするのか?

三十年前に、元気だった姑が胃がんで亡くなり、去年の暮にも元気だった義兄が肺がんで亡くなった。

「人はこれほどまでに苦しみの中で死ななければならないのか」そう思った30年前と、何一つ変わっていない30年後の今の日本の現状に衝撃を受けた自分がいる。


そんな自分の悔しさが、沸々と、日に日に湧き上がってきて、止めどがない。


そんな自分を感じるのは、アロマ講座の時。


講演会などで、ある程度大きな人数の前で話して切るときは、理性というブレーキがかかっているはず。大人しくしているハズ。
でも、少人数の講座を開催している時、私から学ぼうとして来て下さっている皆さんの前では、歯止めが効かなくなっている自分に気づく。

じょうだんじゃない、ぶざけんじゃない、悔しい!と思う自分が居る。

手術を三度も受ける事も、抗がん剤を二種類も受ける事も、新薬の治験を受ける事も、全ては本人が決定した事。

そんな事は、頭では十分にわかっているはずなのに、それでもくやしさが止まらない。

他の人に、同じ苦しみを、哀しみをあじわって欲しくない。そんな思いを止める事が出来なくなる。

「自分から出る言葉が、自分が話しているんじゃないと思うことがよくあるんだ」そう親友に話すと、もちろんそうだよ、それでいいんだと言われる。

そっか、じゃあ何も気にしなくて、思うままに話していいんだね?自分の心にも。

ああ思われるのではないか、こうおもわれるのではないか、社会人として、会社経営者として、軽はずみな自分の言葉が、人に迷惑をかけるんじやないか…

そんなブロックにはまり、しばらく躊躇していた。そしたら、さらにその反動が出で、抑えきれない自分の感情が湧き出してきた。

それからかなぁ?こんなに多くの人の前で話すときに激情するようになったのは。

自分は言い訳をしているのだろうか?きっとそうに違いない。そうも、思う。

ネットワークという販売方法を取っているドテラが嫌だった。

嫌なやつだと思われたくないという、気取った自分に、踏み絵を踏ませるように、このネットワークという販売方法がおおいかぶさり、

たかだか、自分なんかが人に何と思われようともシッタコッチャナイのだ。

それでも、このオイル達に救われる人たちがいるのだと思う気持ちが勝り、そんな自分に酔わないために、この、世間で嫌われているネットワークという販売方法が潔く、

だからこそ良いのだと腹をくくれるまでになった。

会社の経営者も、施設経営も、言いたいことが言えないなら、降りようと思った。

言いたいことを言う講座がうざいなら、不参加でヨロシイ。

自分は、自分でしかない。

Comments

comments