長崎、行きます〜♪4/18・4/19

大阪講演の感想を頂きました。楽しい大阪でした。
みなさん、おおきに♪

4/18・4/19は長崎に伺います。みさなん、会いに来てください。
一緒に”でんでらりゅうば”を唄ってください♪

…………………………………….

・「当たり前の暮らしが、今日もここにある。」

これからの自分の両親の看取りが頭に描かれました。(Tさん)
…………………………………….

・日常の忙しさをいいわけにしていましたが、これを機会にまず、

親との関係、関わり方を考えてみます。死は必ず来ることだから。
…………………………………….

・ワタシにも、最後の最後まで何か出来る事があるんだと知れて良かったです。

看取るという事が身近に感じられて、死に対して怖い気持ちがなくなりました。(Sさん)
…………………………………….

・自分の親が生きているうちにもっと「ありがとう」と言いたいと思いました。

親にアロマ、もっと積極的にしてあげたいと思いました。(Hさん)
…………………………………….

・父の看取りの時の後悔を、母のときにはしたくないなと思いながら今を送っています。

もう少し考えて、もう少し頑張ってみたい。人は幸せに死ななあかん、そう思っています。
…………………………………….

・自分の親がそうなった時、どうすればいいのか?

今どうすれば良いのかとても参考になりました(Nさん)
…………………………………….

・私は父を突然亡くしました。後悔のほうが多いし、生きている間に、

あれもしておけば良かった、これもしておけば良かったとやはり思います。(Yさん)
…………………………………….

・最後にすごい看取りを見せて頂きました。18の頃に亡くした父の事を思い出し、

涙が出そうになりました。今後、良い看取りが出来るように、普通に暮らしたいと思いました。
…………………………………….

・今の自分に出来ることをすればいいんだな…って思いました。

「思いやり」がそこに有りました。(Iさん)
…………………………………….

・昨年、父を亡くしました。残された時間を理解した父が過ごした二ヶ月、

穏やかにニコニコ過ごしていた父を思い出し、重なる物がありました。
…………………………………….

・当たり前の生活を大切にしたいと思いました。

母を大切にしたいと思いました。(Mさん)
…………………………………….

・今、寝たきりの母にしてあげられる事は何か、元気だけれど、

一人暮らしの父にしてあげられる事は何か、

同居しているお姑さんに出来る事は何か…と考えさせられました。(Eさん)
…………………………………….

・自分が60年生きて見えなかった「解」が少し見えた気がしました。(Mさん)
…………………………………….

・何かを学問的に話すのではなく、自分がやっている施設での出来事、

その時に思ったことをただ話すだけが、こちらにはしっかりと伝わった。

最後のお父さんの死のスライド、

自分でもそのような死であればと願いました(Mさん)
…………………………………….

・介護の仕事をしていますが「何かをしなければ」と常に思っていましたが、

当たり前の生活、何気ない事に目を向ける事の大切さを学べました。(Tさん)
…………………………………….

・特養に勤務しています。皆さんに「家に帰りたい」と良く口にされます。

あたたかい死に場所の提供、是非そう出来たらいいなと思っています。(Jさん)
…………………………………….

・介護に対する考えがすごく変わりました。
…………………………………….

・亡くなった祖母を思い出しました。祖母が変わってゆく姿をもいだし、

今使っているアロマオイルがその時にあればと思いました。(Yさん)
…………………………………….

・難しく考えずに、もっとオイルやサプリを活用してゆきたいと思いました。(Nさん)
…………………………………….

・うちの父も家で看取りました。そこにアロマがあったら、もっといい思いで天国に行けたのではと思います。

Comments

comments