神様の言う通り

久しぶりにろくじろうに行った。

元気だったのに、前日までバイクに乗って畑仕事に行っていたのに、あっという間の出来事で、片足切断となってしまったおばさんが昼寝をしていたので、声をかけた。

「おばさん、おばさん、元気?」

そばに座っていた利用者さんが言った。
「寝てるのに、声かけて起こしちゃ、可愛そうだよ」

私は言った「いいんですよ、アタシのオバサンだから…」


その人は、私の嫁ぎ先から嫁に行ったオバサン。
だから知っている。

この人がどれほどの苦労を繰り返して
80歳まで生き抜いてきたのかを。

それなのに、子供も独立し、悠々自適の一人暮らしになって
突然の片足切断と、介護施設で世話になる暮らし。

それでも、オバサンは、手術直後からリハビリに励み、
我が施設に移ってからも、皆を笑わせたり、車椅子で一人でなんでもやった。

子どもたちは母の苦労を一番見てきたから、とても母を心配した。

朝晩、母を施設に送り迎えし、家に帰りたいと望む母のために、
夜は娘が母の家に泊まった。

今度は、そんな娘が大きな病に倒れ、
施設に来ることもままならなくなってしまった。

「オバサン、ずいぶん苦労してきたね。
オバサンにとって、人生って何?

どんな人生だった?」

昼寝をしていたオバサンを起こしてそう問いかけてみた。

彼女は答えた。

「神様の言うとうり…」
え?と聞き返すと、こう話してくれた。

一つも苦労なんかなかった。
全ては神さまの言うとおり。

神様の言う通りに、ただ淡々と与えられたもので生きてきたのだから

何の苦労もなかった

全ては、神様のイウトオリ…








Comments

comments







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)