介護施設ろくじろうでのアロママッサージ

介護施設ろくじろうでのアロママッサージ

利用者さんに、アロマタッチ。
彼は、病になっても入院することも
点滴を受ける事も
服薬も難しい理由があります。

ただただ、自らの苦しみを

自らの自己を通して
表現する術しかしりません。

アロマタッチ

私たちには
ドクターヒルから伝授された
アロマタッチの手法があります。

じっとしていることの難しい彼が
八種の精油の雫を
脊柱にたらすだけで
幼子のように
顔を膝に埋めてきます。

そして、緩やかな眠りに。

きっと、大丈夫だから
ぜったい、守るから
ずっと、ここに居てもいいから

そんな囁きと
背中を往復する手の平の
ぬくもりのなかで
まどろみ始めました。介護施設ろくじろうでのアロママッサージ

Comments

comments