ドテラばぁばと、孫の手足口病の話

「手足口病らしいんだ、今、保育園から電話があったけれど、少し遠出してしまったから預かってもらえないかなぁ?」そんな電話が長男夫婦からあったのは、今朝の九時過ぎ。「病院に連れて行って欲しい、いや、病院は今日は連れて行かなくていい」そんな若いパパとママの会話が、電話の向こうから聞こえてくる。
迎えにゆくと、上顎にいくつかのブツブツ、腕にも小さな湿疹が一個。37℃。買い物してきたおやつにも見向きもしない。あれあれ…
こんな時は、ドテラばぁばの腕がなる。
小さなビーカーにココナッツオイルを15ミリ。オンガード、ティトリー、ラベンダーを各5滴ブレンド。小さな背中とお腹に一時間おきに塗りこむ。体の芯が熱いのがわかる。
「小さな子供たちには特に一度にたくさんではなく、頻繁に少しずつ塗ってあげるのがベストです」先日のドテラコンベンションでそう教わった事に私は妙に納得していた。
小さなTシャツの中に腕を突っ込んで、背中をマッサージすると、背骨の右側が少し凝っている事がわかる。ふくらはぎだって硬くなっている。じっとしていない3歳の足と背中をサッと5秒で揉み込む。
そして、じきに「遊ぼう、遊ぼう」の攻撃が始まった。口にはぶつぶつができているから、ご飯は食べないだろうなぁと思いながらも、彼の好きな切り干し大根を煮る。遊びの相手をしながら。
そしてこの間、三度、作りおきのブレンドオイルを背中とお腹に塗る。
11:30「ご飯、食べよう!」と言い出した彼。切り干し大根は三回おかわり。メロンとおやつのゼリーはニ個も食べた。「ママに言うと食べ過ぎだよって心配するから、内緒ね…」と話しながら、二人で二個づつゼリーを食べた。
小雨が降っているのに、傘をさして庭にも出た。雨が降っているのに、具合が悪いのに、外に出たのかと、親に叱られるかもしれないとちょっとヒヤヒヤしながら…。
老眼だから、彼の口の中にまだ沢山の湿疹が出ているのかは見えない。でも、たっぷりのうんちをして、おしっこをして、暴れまわって遊んだ。熱は36.6℃
3時にパパとママが迎えに来た。二ヶ月の妹を連れて。こうやって家に帰ってからも何度も塗ってあげて欲しいとドテラブレンド入のビーカを手渡す。妹には、足の裏にちょこっとづつ塗ってあげてね、と。
「保育園はさぁ、感染症だとやっぱり病院の受診しないとダメって言われるの?」そうママに聞くと、今の担任はそれほど神経質じゃないからこの週末で元気になればきっと大丈夫との返事だった。
ドテラのメディカルアロマがお家の救急箱としてあれば、緊急を要する時以外は、お家でゆっくり過ごすことが出来る。時間も、お金も節約できて、たっぷり体を休めることが出来る。それが、何よりのお薬。
まだ、そんな世界を信じきっていないパパとママに魔法がかかりますように。
風邪を引いても良いんだよ、感染症をもらってきても、大丈夫。一つ一つ、ゆっくり丁寧に治してあげよう。それが、この子の宝になるから。NewImage

Comments

comments







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*