アロマ姉さんとは

アロマ姉さんがアロマセラピストになったのは、姑の看取りがきっかけ

こんにちは、アロマ姉さん(小池美喜子)です。

今から約30年前、嫁ぎ先の姑を胃癌で看取りました。
人はこれほどまでに苦しみの中で逝かねばならないのかと呆然としました。

その時の経験が、子育て中の主婦だった私をアロマセラピストへと導いてくれたのです。

私はIFA認定国際アロマセラピスト連盟の創設者であるジャーメイン・リッチ校長から、いまから20年前に日本で初めて開講IFA認定コースの第一期卒業生です。

人を気持ちよく死なせたい。」

それがはじめての授業の、自己紹介の席で自分の口から出た言葉でした。
30年後の今、思った通りになっている自分が居ます。

私が学んだジャーメイン校長は、46年前、ロンドンにイギリス初のアロマ専門クリニックを開いたアーシエ女史からアロマテラピーを学び、卒業後はクリニックに勤務し、フランス医学にアロマテラピーを導入した医師、ジャン・バルネ博士のもとでアロマセラピストとして従事しました。

私はジャーメイン校長よりプログラムされた補完代替医療法としてのアロマテラピーを学び、ホリスティック医療に基づいた解剖生理学と病理学、二種類の本格的なオイルマッサージの技法や精油の知識、病気に対するホリスティックなアプローチを学びました。

ホリスティックとは:ギリシャ語で「全体性」を意味する「holosホロス」から来ています。英語だと「wholeホウル(全体)」ですね。簡単にいうと、病は、「体・心・気・霊性」からのバランスの崩れから来ている。自らのものとしてもっている「自然治癒力」を最大限活かそうという考え方です。

 

アロマセラピストとして25年経験で手が開いていった

kaorian1500
(アロマセラピスト時代のスタッフたちと)

プールと外観
(アロマルームの在った、ホテル・オーパ・ヴィラージュ)

2010-8-3

(南房総市主催のベビーマッサージ教室)

20年も前、千葉の田舎町でアロマテラピーを知っているお客様はもちろんいませんでした。

でも私は家族の暮らしを建てていかなければなりません。

観光地でしたので、旅館やリゾートホテルに売り込み、アロマルームを開かせていただくことが出来、15年間で数万人のクライアントの素肌に触れさせていただくことが出来ました

そして、自分の素手を通して人の素肌に触れる事を許されるアロマセラピストという職業が、私の手を開いていったくれたのです。

手を開くと言うことは、素肌に触れただけでその人がわかるという事です

その人の体質、どこが滞っているのか、そしてその人が今シアワセなのかどうかがわかるようになりました。

1092
(TVの取材も受けました)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

安房医師会病院での、医療従事者に向けたアロマ講座開催

そしてその後、アロマテラピーを取り入れた介護事業を起こしました。

アロマテラピーを取り入れた介護事業所「ろくじろう」を開業

rokujirou1500

認知症、パーキンソン病、癌、様々な難病の方たちがろくじろうに集まってきます。

医療レベルのエッセンシャルオイルを手にしても、それを試す場がなかなか無いのがメディカルなアロマオイルを扱っている方たちの現状でもありますが、その時が来たなら、仕事は向こうからやってきます。

unnamed.jpg

(スタッフの男の子たちもお年寄りにアロマケア)

mikitomasatoshi

(認知症歴10年の、我が父と)

そして、ドテラの精油と出会いました。

ドテラとの出会いで思うこと

ドテラにはウエルネスライフスタイルという、ドテラの製品を使う前に、まずは正しい食事、運動、抗ストレス、休息、悪いものを体に入れない、溜め込まないという考え方があります。

さらに「病気は役に立つ物です」という、私の敬愛するバッチ博士の言葉があります。

なぜ今、自分に、家族にこの病が起きているのか、まずはその意味とそこから何を学ぼうかと考えつづけることによって、病は必ず自分の人生にとって役に立つものに変わってゆきます

FE1500

病から学び、成長の糧にする、そのためのお手伝いをする一つの手段がメディカルアロマオイルであるという、ただそれだけのものであるという事を、まずは頭の隅に置いて下さい。

私たちはドテラの精油を売り、ドテラの会員を増やして収入を得るために今ドテラと出会ったわけではありません。

そのためにドテラを学ぼうとしているわけでもありません。

ドテラ精油写真-300x93

私の直感ですが、この会社の製品は必ず今の時代の人達の苦しみを軽減する手助けになってくれる事と思います。

時代にあって、人に感謝される商品であれば、買ってくださいと言わずとも、必ず売れます

人から人へ伝えてもらい、良い品質のものだけを必要な人に確実に届けたいという思いから、ドテラ社ではネットワーク販売という方法が選ばれました。

関連記事: ネットワーク販売、嫌じゃね?

関連記事: ドテラを伝えることを仕事にしようと決めた本当の理由

 

どうぞ、悩んでいる人がいたら学んだことを伝えてあげて下さい。

勉強会にも誘って下さい。

でも、それ以外に人に無理に伝える必要は無いのです。

無理に商品を購入しないで下さい。

無理して人に声をかけたりしないで下さい

共に学び合い、一つづつゆっくり試して、家族でシアワセになって下さい。

関連記事: アロマ姉さんの「アロマ会員」とは

参考: 小規模多機能ホームろくじろう
http://rokujiro.com/

マンガのモデルになりました

hanjyouki

Kittoという雑誌で掲載された「アロマ姉さん繁盛記」で、マンガのモデルになりました。

マンガ家は、「ツレがうつになりまして」を書いた細川てんてんさん。

ツレうつはマンガを原作として、映画化されました。

堺雅人さかいまさとさん、宮崎あおいさんが出演してヒットしました。

なぜ漫画のモデルになったかというと、私の作っていたWebサイト「アロマ姉さん繁盛記」が編集者さんの目にとまったからです。

ちょっぴり毒舌に、ホンネで話すスタイルに興味を持ってくださり、オファーを頂きました。

twitter・FaceBookやっています!

https://twitter.com/aromaneesan
フォローおねがいします♪

https://www.facebook.com/mikiko.koike.5
友達申請ください。

IFA認定アロマセラピスト・介護福祉士・保育士・介護事業経営