アロマステーション・かおり庵

あなた達の給料を払えないから、私がスーパーのパートに出ることにしたから…

アロマテラピーのお店をやっていた頃、雇用していた仲間達に、履歴書を書きながらそう話すと、一人の若者が真剣な顔でこう言った。「やめてください小池さん!それなら、私がパートにでます!」
リーマンショック、震災、不景気、もうアロマテラピーなんぞというもので経営を立てて行ける目処は立たない。

苦肉の策で、こんな事を決めた。「介護保険事業に事業内容を変えようと思うんだ。みんなでヘルパーの資格を取りに行って、訪問ヘルパーで稼いで、何とか食いつないで行こう!みんなで、この店も開けながら訪問ヘルパーにでれば、暮らして行けるくらいの賃金は稼いで来られると思うんだ…」

あの日から、何年経ったのだろう。一人の電話番を店に残し、スタッフみんなでヘルパー2級講座を受けに通い、自宅を使って始めたデイサービス。

そして、利益の残らないアロマテラピーの店を閉める覚悟を決めた。「こんな事、私のやりたい仕事じゃない!」と去っていった人達。「小池さんがやると言ったらやるのだから、私達も覚悟を決めるしかない」そう言って、ヘルパーになるべく講座に通うことを覚悟した仲間達。
「心の拠り所だったのに…」と、言ってくれたかおり庵のお客様たち。「私達を見捨てるのか…」と諦めてくれた、全国のネットで繋がっていたお客様達。
ベビーマッサージの卒業証書にはこう書いたっけ。「人生に行き詰まった時、かおり庵を訪ねてほしい…」それなのに、かおり庵は自分たちの無力さのせいで、閉店してしまった。
あれから、何年が経ったのだろうか?

そんなかおり庵が復活した。古いちいさな二階家を見つけ、不動産屋さんに案内され、中に入った瞬間に「ここだ!」と感じた。
なぜかは、わからないけれど…

今日、復活したかおり庵で十年ぶりに行なわれたアロマ塾。かつて去っていった、それぞれの場で苦労し、学び、成長してきた仲間達も、一人づつ戻ってきた。

そんな中、玄関のチャイムが鳴った。

「私達、ここの大家の妹です。九州から来ました。ここは亡くなった姉が35年も前に夢を持って建てた家、鍼灸師をして沢山の人を救ってきた家なんです。どんな方に借りて頂いたのか、失礼かとは思ったのですが見たくて…」
その話を聞いて、やっぱりと思った。私達はこの家に呼んで頂いたのだと。この家で、人を幸せに導いてあげてほしい。この家を、この地域の人たちを頼むと、逝ったヒデコ先生から託された、新しくて古いかおり庵が、始まった。みんなの心の拠り所になる事を願って、「アロマステーション・かおり庵」と名付けました。

Comments

comments







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*