アロマで何が出来るのか?

「アロマで何が出来るのか?」と、問われた。

そうだよなぁ、一体アロマで何が出来るんだろう?

昨日は、アロマ講座、第二回目だった。

夜、こんなLINEを参加者から頂いた。

「小池さん、今日もありがとうございました!

とても勉強になりました。

しげking(親父)の腕の写真など

アップしてみたいと思います(笑)

現在、大腸ガン、心筋梗塞、

糖尿病、緑内障、白内障の

薬漬けになっている父を

アロマでどこまで救えるかが

私の挑戦であり、

介護に関わる事で

子供としての恩返しと

思っています。

なぁ〜んちゃって(笑)

偉そうな事言ってますけど

アロマオイルを買ってくれているのは

姉でした(笑)

姉にも感謝しております(^o^)」

ずっと、ずっと、憎しみ合って来た家族。

我が家だけが、変だと思ってきた。

祖母をミオクリ、

子どもたちも所帯をもったのに、

年を重ねても尚、過去の傷をほじくり合う

もう、若くは無い両親。

ずっと大嫌いだった父に、

触れることなんか無かった。

今は急に老いて、弱気になった父の

体中をなでさする。

アロマを言い訳に…

「ごめんね、親孝行も出来なくって

もう少し、こうやって親のままでいてほしい」

そう、心で願いながら。

アロマで出来ること。

沢山あるけれど、

我が家にとっては、

オヤジの背中に、足に、オイルをたらす

娘の自分が癒され、

我が子も落ち着き、

家族みんなが、まぁるくなった事かなぁ。

素直に甘えあえない両親を見て、

本当はそこに愛が在ったのだと言うことにも

気づけた。

いがみ合い、憎しみ合ってきた家族が、

本当は愛に包まれ、

思い、思われていたのだと言う事実に

気づかせてくれたのが

アロマオイルの力なのかもしれない。

Comments

comments