ろくじろうでの宴

もうそろそろ逝く支度をしている

仲間を送る宴が始まった。

いから、こっちへ来いと

呼ばれた部屋では、

最近やってきた、

ずっと年下の仲間が

つぶれなくなった目を

薄っすらと見開いて、

遠くを眺めている。

目の前のこの人は

もう逝くんだなぁという事が

先輩たちにはわかるよう。

今、この状態で、

家族が誰もここに居ないという事は、

そうなんだなぁ…

だから、自分達は、

この人のそばで陽気に唄うんだ。

それが、同じ釜の飯を食った

仲間の仕事

そんなことも、

人生の大先輩たちは

お見通し。

元気になったら飲もうと約束していた

ビールで乾杯。

主役は、ビールをスポンジに吸わせて、

唇をぬぐう。

「俺は河原の枯れすすき、

同じお前も枯れすすき♪」

仲間たちで、陽気に唄う。

一人では淋しすぎるから….

ろくじろうを

人生最後の居場所に選んだ

目の前の人は、

人生の大先輩たちに見守られて、

そろそろ、この星を

離陸する準備を始めた。

「大丈夫、あっちに行っても、

何処へ行っても

仲間達はたくさんいるから、

自分達も、順番に行くから…」

夜中の、ろくじろうでの宴。

Comments

comments