ろくじろうでのボクシング

ろくじろうの見学に来た彼らは、

どんな場所で毎日が繰り広げられているのかを

物見遊山で眺めるのではなく

どんな年寄りが居るのかを確認するためでもなく、

彼らを楽しませる事に

全力を尽くしてくれた。

しずさんは、数カ月前にひょんなことから片足を突然失った。

泣き言を言わず、いつも笑顔で、
常に前を向いて生きている。

きっと、これまでの人生の苦労に比べたら、

突然失った片足は、

屁でも無いのだろう
(そんなはずないよね、しずさん…)

自分の足になった車いすにちょこんと座り、

突然やってきたおもしろい若者たちのグローブを受け取り

照れくさそうに、

満面の笑顔でボクシングをやってのけた。

翌日、しずさんを送って来た娘さんが

ケアマネに涙ながらに囁いた。

母がとうとうボケてしまいました…

こんな、わけのわからないことを言い出して….

「今日な、グローブってあけぇのを手につけてな

ボクシングってやつをみんなのメェでやっただよ。

生まれて初めてだったぁよ。

おんもしれったぁなぁ…」

Comments

comments